MENU


英語を話せる学習に特化した「音読(シャドーイング)専用アプリ」

アカウントをお持ちの方は、ログインしてください。新規登録をされる方はこちら

単語道場は、単なる英単語を覚えるアプリではありません。
効率的な英会話上達を目的とした新しい学習方法です。
毎日出題される重要単語から、日常をイメージして頂き、自身の言葉で英作して頂きます。その翌日に、講師がチェックした英文と、正しく発音された音声が配信されます。
ご自身が作られた英文を、単語道場が推奨するシャドーイングをして頂く事で、実際の場で使える英文を効率よく習得出来ます。
また、単語道場は、複数人のグループで学ぶ為、孤独感がなく、学習意欲低下を防げますし、
他の生徒の英文からも学べるメリットがあります。

約3か月間です。平日に5単語、70日をかけて350単語を出題します。

平日、月曜日から金曜日までです。夏季正月休暇及び土日祝日はお休みです。
年間スケジュールを、ご確認ください。
※急なシステムのメンテナンスにより、出題もしくは回答ができない日がある場合が御座います。その場合、翌日以降にサービスを順延させて頂きます

平日のAM9時ごろに、単語が出題されます。翌日のAM9時までに、英文の投稿をお願いします。
通常、講師からの回答は、出題日の翌日の9時から18時までに行われます。
※例えば、月曜日のAM9時に出題された単語の英作は、翌火曜日のAM9時までに回答ください。但し、金曜日など翌日がお休みの場合は、土日を挟んだ月曜日のAM9時までに回答をお願いします。

重要単語と文法指示に沿って英作し、単語道場が推薦するシャドーイングを使って自身の英作文を、実践の場で使える英文として頂く為の道場です。
ですので、出題する単語の意味が分かっているか否ではなく、使いこなせるかどうかという観点でレベルを選んでください。
また、各コースには、出題予定の単語、文法指定の一覧をご確認頂けます。そちらも参考にして下さい。

たとえ単語の意味が分かっていたとしても、まずは辞書で、どのような意味をもっているのかを確認してください。(複数の重要な意味を持っている単語がほとんどです。)
その上で、それらの単語の意味からご自身がどのような会話をしたいのかをイメージし、それを英文にしてください。
例えば、あなたが海外赴任の予定があるのであれば、現地スタッフとの雑談や、外国人ボスとの食事をイメージしてください。また添乗員であれば、お客さんとの日常的な会話、実際おこった空港でのクレーム対処や、ホテルでの対応など、具体的な状況をイメージし、感情移入された英作を心がけてください。感情移入された英文は、驚くほど容易に暗記が出来る事に気づかれるはずです。

はい。あります。英会話に必要な文法指示を単語と一緒に出題致します。
指示された文法を使って英作をするかどうかは、強制ではありません。ただ、英会話の上達は、ボキャブラリーと、実際に使える文法・構文の量に比例していきます。
ですので、ひとつの英作は、文法指示に従ってトライしてみてください。
※文法指示をより理解頂く為に、文法解説を是非ご用意ください。単語道場ではフォレスト/桐原書店が分かりやすくおすすめです。

英和辞書と、指示された文法をより理解する為に、文法解説書をご用意ください。
※総合英語フォレスト/桐原書店が分かりやすくおすすめです。

是非参考にして下さい。単語道場の大きな特徴は、他の生徒の間違いからも学べる事です。
また、身につけたい英作があれば、どんどん「お気に入り」に入れて、ご自身の英作同様に、シャドーイング行い、ご自身のものにしていってください。
あなたのやる気次第で、学べる英文は2倍にも3倍にもできます。

はい。期待できます。
単語道場は、単に英作をするだけの道場ではありません。大きな目的は、自身の英文を使ってシャドーイングを行い、スピーキングとリスニングを同時に向上させる事です。

こちらで詳しく解説しております。

再生スピードを調整できる音声再生ツールが搭載されております。初めの数回は、少し再生スピードを遅くし、すべての単語を聴きとれるようにしてください。

はい。あります。単語の意味や例文の記入など、学習にお役立てください。

mypageのお問い合わせより、ご自身の英作文と、イメージされていた和訳をお知らせください。 講師に確認をとり、訂正の必要があれば正しい英文と音声を再投稿致します。

「単語道場」では、あまり細かい文法の訂正は気にせず、添削された英文法をセンテンスごと、覚えてしまうそんな勉強方法をおすすめします。
文法理解に時間を取りすぎた結果、本来の目的である英会話スキルの向上の為のシャドーイングに時間を取れなくなれば本末転倒です。

はい。御座います。
最大で入力できる文字数は200字数となっております。
例文:We have to demonstrate our new service to get new customers in front of people who are interested in our service. ※文字数:113