MENU


英語を話せる学習に特化した「音読(シャドーイング)専用アプリ」

アカウントをお持ちの方は、ログインしてください。

海運会社勤務

Michiko Sakagami
阪上 美智子 様

Tangodoujou Story

単語道場®の利用体験談を元に英語学習をご紹介

━━単語道場®の利用前の印象を教えてください。

最初にパンフレットで見て説明を聞いて、即決でした。
一般的な音声付きテキストは、ありすぎるぐらいありますが、自分の英作を添削してくれて、音声がついてくるというのは、私の中で画期的でした。

━━現在の受講カリキュラムは何でしょうか?

復習の意味もあり、「スタンダードプラン(350ダイジェスト版)一般英会話の初級」から、受講しています。

━━添削された英文はいかがでしたか?

フィリピン人講師が、リアルに添削しているんですよね!? 
冠詞の入れ忘れや、時制の変更など、細かく添削してくれて勉強になります。
たまに、ほぼ赤字で、原文の跡形もなく返ってくるときがあります(笑)

━━音読用の音声はいかがでしたか?

音質もよく聞きやすいです。カウンター機能もあって、聞いた回数が分かるのもよいですね。
訂正箇所が多い英文の場合は、何回も聞かないと覚えられないですね。

━━毎週のSkypeレッスンはいかがでしたか?

私はSkypeレッスン自体の経験がなかったので、少し不安でしたが、フィリピン人の先生がフレンドリーで、楽しくレッスンを受けています。高圧的な雰囲気がないのですごくリラックスして受講しています。
今後、追加のSkypeレッスンも検討しています。一般英会話、ビジネス英会話など、色々とコースを選べるんですよね?楽しみです^^

━━単語道場®メソッドはいかがでしたか?

まさに自分専用のレッスンですね。
音読をしっかりやっている場合は、スムーズに受け答えできます。反対にさぼっていると、四苦八苦してしまうレッスンになります..(笑)
復習を怠ると、先生の質問さえ聞き取れない場合があります。
でも反対に、準備をしていると、しっかり聞き取りが出来てYES/NOクエスチョンはもちろんの事、少し難しい質問にも対応できる。これって、学習の成果ですよね。
毎週、学習の成果を実感出来るって、大事だと思います。

━━学習する場所はどこが多いでしょうか?

会社のお昼休みと、仕事終わりに時間と場所を決めて学習しています。
英作の内容はできるだけ、仕事で実際に話す内容をイメージして英作しています。お昼間に英作をして、帰りに電車では、添削された英作をチェックしたり、音声を聞いたりして、Skypeレッスンに備えて復習をしています。
毎日、コンスタントに単語が出題されてきますので、学習のルーティーンが出来て良いです。翌日の9時までに英作を終えないといけないので、おしりに火がついた感じがいいです。そのくらいのプレッシャーが無いとやらないですからね。
単語道場®を続けて思う事は、そもそも英作できないことは、話せるわけはないので、英会話の向上するために、英作って、大事なんだなと思っています。

━━どのような時に英語の上達を感じますか?

取引先とのメールでのやり取りの言い回しが、増えてきた時ですね。
2か月程で、実感してきたように思います。
英作の際は、常に使うシチュエーションを意識して英作するように心がけています。
取引先とのメールのやり取りは、誰も添削してくれませんからね(笑)
最近は、添削されずに回答が返ってくるセンテンスも多くなって、「やった!」という感じですね。

━━英語学習を継続する為には何が必要だと感じますか?

英会話学習って、楽しいとか、一日5分とか、聞くだけとか、簡単に習得できる的なキャッチって多いですよね。でも、語学習得ってそんな簡単じゃないです。
単語道場®って、そんなキャッチコピーをしていないとこも信用できますよね(笑)。
単語道場®のように毎日課題が出てクリアしていき、週1回Skypeレッスンでリアルな先生からチェックされ、ちょっとしたプレッシャーもある。そういうプロセスが英会話取得には必要なんだと思います。
周りで英語が伸びている人を見ると、自分で自分にあった学習方法を見つけて、市販のテキストもカスタマイズしていく人が多かったように思います。
単語道場®は、そんな感覚がありますね。その自分専用テキストを使って、Skypeレッスンで復習する仕組みになっていますよね。
まさに学習を継続して成果を出すか!途中で挫折して、また、英語難民になってしまうか!(笑)ある意味、分かりやすいですね。

━━単語道場®を使った勉強方法を教えてください。

私はノート派ではないので、パソコンで単語道場®専用のノートを作って、学習しています。どちらかというと、添削後の復習に力を入れています。添削後の英文をしっかり音読するように心がけています。最低10回はカウンターを回して聞きこんでいます。発音の聞き取りが難しい場合は、音声のスピードを調整できるので、まずは遅めにして聞くようにしています。

私は船会社で事務をしていますので、日々海外のお客さんと英語でメールのやり取りを行います。
話す機会は少ないですが、外国人のお客様が来社される時があるので、やはり英会話のスキルを、単語道場®で伸ばしていきたいですね!


PAGE TOP