MENU


英語を話せる学習に特化した「音読(シャドーイング)専用アプリ」

アカウントをお持ちの方は、ログインしてください。

某大手外食チェーン勤務

Yuki Sasazuki
笹月 雪 様

Tangodoujou Story

単語道場®の利用体験談を元に英語学習をご紹介

━━単語道場®の利用前の印象を教えてください。

最初は学習方法のイメージが湧かず、毎日続けられるかなと少し不安でした。
実際にやってみると、携帯でもPCでも気軽に学習できます。電車での移動時間など、ちょっとした空いた時間にできる気軽さで、続けやすいと思いました。
やり易い=続けやすいので、現在も続けられています(笑)

━━現在の受講カリキュラムは何でしょうか?

元々は一般英会話の中級でしたが、現在は「プラスSkypeプラン」で、1050+熟語350の一般英会話の上級です。

━━添削された英文はいかがでしたか?

非常にいいと思います。たまに先生が、文法的な説明も英文で入れてくれる所も勉強になりますね。ごくたまに意図する内容とは若干異なる添削がありましたが、その場合は、和訳を送って、添削英文を変更してもらいましたので、問題ありませんでした。

━━音読用の音声はいかがでしたか?

すごく滑らかでかっこいい声です。音声の担当もフィリピン人の先生ですよね?
ネイティブの発音と変わりないと思いますので、リスニングが鍛えられます。聞き取りづらい場合は、スピード調整も出来て便利です。実際に生の音声を聞くと、このくらい流暢に喋りたいと思えるので、モチベーションがあがりますね!

━━毎週のSkypeレッスンはいかがでしたか?

会話力(質問力)は格段に上がりました!
単語道場®メソッドで、自分が作った文章を元に、疑問文で聞かれたり、反対にこちらから尋ねるように指示されたりと、質問力がすごく向上しました。質問ができないと会話は成立しないので、この点は一番いいと思っています。

毎週のSkypeレッスン受け答えをスムーズにする為には、音読を何度もして復習をしっかりやる必要があるので良い刺激になっています。このレッスンがないとさぼっちゃいますね(笑)

私は、英作の復習のレッスンとは別に、発音の矯正のレッスンも受講しています。やっぱり発音をもっと良く喋りたいので。引き続き受講して、発音もしっかり矯正していきたいです。一般的な英会話スクールで発音矯正レッスン、すごく高いですよね。そのレッスンをマンツーマンで安価で受講できるのって、本当にいいと思います。
追加で、マンツーマンレッスンが受講できるのが、いいですね。

━━単語道場®メソッドはいかがでしたか?

会話って、疑問文と回答文の組み合わせで構成されていきます。それって当たり前の事ですが、今まであまり意識していなかったです。
単語道場®の場合、自分の英作文を使って、疑問形で質問されたり、WhatやHowなどのパターンでも聞かれます。それは本当に勉強になります。単に自分の英文を覚えているかどうかの復習の機会ではなく、その英文を使って、いかに会話の幅を広げるか。そんなレッスンですね。

━━学習する場所はどこが多いでしょうか?

電車の中が多いですね。最初は仕事の休憩時間にしていましたが、休憩時間は休まないと体がもちません(笑)
ですので、今は通勤の電車の中でやっています。電車で揺られながらノートにも書いていますよ!何駅から何駅まで英作し終える!とか、結構ストイックにやっています。その成果か、最近は英作する時間が短くなってきて、英作力もついてきました。

━━どのような時に英語の上達を感じますか?

会話力が伸びたことは確実で、言いたい事がスムーズに出てきた事で上達を感じました。周りのネイティブの友人も変化に気づいているくらいです^ ^
今までは、自己紹介までは話せるけど...でしたが、単語力がすごく上がったので、それに伴ってボキャブラリーも増えたと思います。
自分の英作をそのまま音読するという勉強方法が合っているんだと思います。
あと、自分が言えない事を、自分の知っている単語を使って、置き換えて話せる力がついたと思います。これは、毎日、こつこつ英作を瞬時にする癖をつけているからだと思います。
毎日、5つの英作は厳しいかなとおもっていましたが、意外に覚えているものですね。やっぱり自分の身近な事を英作しているからなんでしょう。

━━どれくらいで変化を感じましたか?

やっぱり3カ月くらいはかかったと思います。英作する速さが、ある日スイッチが入るように変わった感覚がありました。文章の構成力が上がるという事は、それだけフレーズやボキャブラリーが増えていることになるので、その時はアウトプットしたい病にかかり、Englishカフェにいってアウトプットをしました(笑い)

━━英語学習を継続する為には何が必要だと感じますか?

英語を話せる友人が多いのですが、その人たちに言われるのが、明確な目標が無いと絶対に継続できないと良く言われます。ただ漠然と英語を話せたらいいなではダメ。私は、今夢中になっているアートを、海外に広めていきたいという大きな目標があるので、ぶれずに英語学習を続けていきたいです。
今まで、英語学習は中途半端に終わっていいたので、今回は単語道場®をやり続けていきたいです。

━━単語道場®を使った勉強方法を教えてください。

単語道場®の良いところって「自己学習」が前提。多くを与えすぎないとこが良いと思います。
出題単語も日本語訳がないし、自分で調べるしかない。でもこれって英語学習の基本なんだと思います。毎日、辞書で単語を調べて、和訳と例文をみて、イメージしながら英作をする。で、しっかりノートも作る。この過程が、単語を覚えるためのひと手間なんだと思っています。
ノートは、出題された単語を調べて書き留めて英作しています。その後、添削された部分を記録して復習をします。
英作するときは、まずはノートに書いてからスマホで打っています。その方がダブルチェックできるし、より記憶できる気がします。

翌日の添削文は、まずは音声だけを聞くようにしています。その方がリスニング力のチェックにもなると思います。音声を聞いて、ノートにある英作文とどこが違うのかを聞き取ります。例えば、have toを入れられていると聞き取れればOK。リスニングの聞き取りをしながら答え合わせをする感じです。
添削された箇所が多い場合は、もう一度辞書で調べ直して、まずは英作文を理解します。
その後、音読をしていきます。電車の中ではさすがに、声には出せないので、聞いてから心の中でつぶやいています。お気に入りフォルダーを作れるのは便利ですね。



PAGE TOP